画面が回るスマホはジンバル機能付き。LG WINGってどんなスマホ?スペックは?

LGの新商品は画面が回るスマホ「WING」。これまでもLGはパカっと本のように広がるスマホ「V60 ThinQ 5G」など一風変わったスマホを販売してましたが、今回は画面が回転して2画面になるスマホです。価格も販売ルートも発表されていませんが、早速内容を見てみましょう。

LG WINGってどんなスマホ

画面が回転するとは?と思った方、上の画像のように回転します。そして回転した下の部分がディスプレイにもなってます。回転して2画面であること、これがLG WINGの特徴です。この2画面でどんなことが出来るのか見ていきますが、まずはスペックから。

タイトルLG WING
SoCSnapdragon765G
RAM8GB
ROM128/256GB
アウトカメラメイン64MP
広角13MP
ジンバル広角12MP
インカメラ32MP
ディスプレイ6.8+3.9インチ2画面
サイズ169.5×74.5×10.9mm
(閉じた時)
バッテリー4000mAh

Snapdragon765Gは最新の700番台のSoCで5G対応のものです。ハイランクの800番台を使ってないので、価格は抑えたものになるかも知れません。Soft Bankで販売のLG V60 ThinQ 5Gはsnapdragon865搭載のブックタイプですが、価格は値引き無しで14万円程。

V60 ThinQ 5Gと比べると安くなると思われます。V60 ThinQ 5Gの特徴は2画面ですが、この2画面で別々のタスクをこなせる所が斬新でした。例えば片面で検索、片面でショッピングなど。2画面を使ったマルチタスクが出来るという点はLG WINGにも通じる所です。

マルチタスクとしては、動画を観ながら検索をしたり、

ナビゲーションを立ち上げたまま、音楽を聴いたりができます。しかし、驚くべきはカメラ機能…いや、ビデオ機能と言っても良いくらい動画撮影機能が充実しています。

カメラで二画面にすると、下の部分がジンバルの役割になります。中央に表示されたステックでカメラアングルが変わります。つまりレンズの向きが変わる、レンズが動くんです。スマホのレンズが動く機種と言えば、VIVO X50 Proがありますが、LG WINGの方が機能は充実しています。何よりこの形だとジンバルがいらないビデオ撮影が可能です。

関連情報:VIVOってどこのスマホ?VIVO X50 Pro発売

インカメラはポップアップ式で、前面と背面の同時撮影も可能になっています。上の図では、2画面表示ですが、前面をワイプにして撮影することも可能です。

回転するし、ポップアップ式カメラ…少し壊れやすそうな印象も受けますが、製品のテストと、色んな衝撃に耐える仕様になってます。アメリカ国防総省制定MIL規格MIL-STD-810Gの9個(衝撃、温度衝撃、振動、湿度、高温(保管)、高温(操作)、低温(保管)、低温(操作)、低圧(高度))に合格した堅牢さ。ガンガン使えます。

LG WINGのイメージビデオ

イメージビデオと使用感の動画がありました。

主に開封メインの動画ですが、カメラの使用シーンもあります。

まとめ

一風変わったスマホLG WINGは、これまでのスマホと違ったスマホ。まとめると以下になります。

LG WINGは
・マルチタスクが可能な回転2画面
・ビデオ機能が充実でジンバルいらず
・前面ポップアップカメラ
・稼働部分が多いながらも堅牢なデザイン
・SoCは最新のSnapdragon765Gで充分な処理能力

売れるかどうかと聞かれると、新し過ぎて微妙な感じはします。が、少なくとも僕は欲しいと思いました。マルチタスクと動画が強化されたスマホ、使ってみたいです。最大の魅力はやはり動画機能ですね、スマホにジンバル要らない動画が撮れる。あとは価格ですね。これだけ独自性が強いので、安い価格にはならなそうです。LGはキャリアの取り扱いの可能性もありますが、是非SIMフリーで販売してもらいたいですね。

伝えきれなかったLG WINGの魅力は公式ページでも確認してみてください。

公式ホームページ:https://www.lg.com/global/lgwing